妊娠線が気になるならコレを試すべし|予防をしておけば完璧

ストレッチマークの防止

妊婦

妊婦の多くに出来る線

妊娠すると、お腹の中で赤ちゃんがどんどん成長していきます。妊娠初期はあまりお腹が目立たない時期です。しかし、妊娠中期から妊娠後期にかけては、赤ちゃんの体が大きくなる時期です。その時期に出来やすいのが妊娠線です。妊娠線は、表面の皮膚が裂けてしまうことでできてしまう、赤い稲妻のような線のことを言います。急にお腹の皮が伸ばされることによって、その力に皮膚か耐えられなくなって出来てしまいます。なお、妊娠線はお腹だけにできると思われがちですが、胸やお尻、太ももの周辺にもよくできます。体重も増えていくため、全体的に妊娠前よりも皮膚が伸ばされる環境にあるからです。また、妊娠線は一度できてしまうと、元には戻らないので注意が必要です。

保湿ケアが大事

妊娠線ができてしまうのを予防するためには、肌を保湿することが大切です。肌を保湿することで乾燥を防いだり、皮膚が伸びても妊娠線ができにくいように予防することができます。最近は、妊娠中から出産後まで使える、妊娠線予防のオイルやクリームが多く販売されています。そのような商品をできやすい部分に毎日塗ることによって、妊娠線の予防ができます。さらには、肌の保湿も併せてできるので、潤った肌に改善することもできます。オイルやクリームの使用については、できれば妊娠初期の頃から毎日塗ることをおすすめします。普段から肌の状態を良くしておくほうが、一時的に保湿をするよりも効果が高いです。また、妊娠後期には、体重増加に注意して、皮膚に急なストレスをかけないことが大切です。

メイクアップのために

メイク

ミネラル成分たっぷりで出来たミネラルファンデーションは肌負担が少ないため、人気が高くなっています。上手な使い方としては、1回の量は耳かき一杯分程度と非常に少なくなっています。これを肌の気になるところを中心に、円を描くように塗っていきます。

もっと見る

ネイル用品の選び方

ネイルケア

セルフジェルネイルのスターターキットを購入すると、自宅で簡単にネイルをすることができます。セルフジェルネイルのスターターキットは通販で10000円前後で購入することができ、ジェルやLEDライトなどの必要なものは全て入っています。

もっと見る

ニキビケアの化粧品

微笑むレディー

ビーグレンはニキビケアに効果があると口コミで話題になっている基礎化粧品です。特許も取得している独自の浸透テクノロジー、QuSome(キューソーム)による有効成分の浸透力の高さが特徴です。Cセラムを昼間に使用する時は、日焼け止めも一緒に使用します。

もっと見る

このエントリーをはてなブックマークに追加